記事一覧

高級時計は「シチズン」なら、腕にするだけで知的に見える!

日本・中国・アメリカ・ヨーロッパの電波送信所に対応している、多局受信型のメンズ電波時計。シチズンの独自技術「Perfexマルチ3000」により、正確な時刻の表示を可能にしています。

ケースやベルトの素材には肌に優しいチタニウムが用いられているので、肌が弱い方でも着用できるのが魅力です。また、サビにくく耐久性が高いのもポイント。海外に行く機会が多い方にもおすすめです。


世界26都市の時間と日付に対応しており、リューズを引くだけで目的の都市に合わせられる「ダブルダイレクトフライト」機能を備えているのが特徴。メインタイムとローカルタイムが設定でき、ワンタッチで入れ替えられるのもポイントです。

バンドの素材にスーパーチタニウムが採用されているので、金属アレルギーの方でも着けやすいのが魅力。カラーはスタイリッシュなブラックで統一されており、デザイン性にも優れています。



シチズンは「市民に愛され親しまれるモノづくり」をモットーとした時計メーカーです。部品の製造から時計の完成まで自社内で完結させているマニュファクチュールなので、部品単位の製造と改善を繰り返してきました。

その結果生まれた機能のひとつである「Eco-Drive(エコドライブ)」は少量の光でも充電でき、余った電力は二次電池として蓄えて長時間稼動するので便利です。


【関連記事】:http://niijima.top/

タサキ《日本とスイスの幸福な出会い》

世界から総勢65ブランドが出店する日本最大級の時計展「三越ワールドウオッチフェア」。限定品、稀少モデルなどとともに奥深き時計の魅力にドップリ浸れる13日間は8月15日(水)からスタート! その前に、今回の注目モデルをフライング・チェックする。

TASAKI
タサキ/バランス



K18SAKURAゴールドケース、39.5mm径、自動巻き。195万円/タサキ︎ 0120-111-446
華やかだが決して出すぎることのない、独自素材K18SAKURAゴールドのラウンドケース。直線的なラグが、ピリッとした緊張感を与える。

ハイジュエラーであるタサキが、時計の世界に進出して3年。ロレックス デイトナ コピー日本人の繊細な感性が注がれた新作の完成度の高さは見た目だけにあらず。

ムーブメント開発から組み立てまで時計製造を担うのは、最高峰の技術力を誇るスイスの時計工房、ヴォーシェ社なのだ。日本とスイスの粋が、腕時計という小宇宙で見事に融合した。



K18ローズゴールドケース、41mm径、手巻き。480万円/モリッツ・グロスマン・ジャパン 03-5615-8185
時計の美しさは、デザインもさることながら、愛好家になるほどスケルトンバック越しのキャリバーに惹きつけられるもの。フランクミュラー 時計 価格とはいえそれは自分だけの楽しみであり、時計を外さなければ味わえない。

そこで、本作では大胆にも表裏を反転し、さらに文字盤の一部をカットアウトすることで、時間を見るのと同様に、機構や動作を見て楽しめる画期的なデザインを考案。本来の美しい仕上げはそのままに、ほとんどが新設計となった。今年はブランド復活から10周年であり、それを祝すに相応しい渾身作である。


【関連記事】:スターはファッションブランドの着方を教えてくれます

その美貌に思わずウットリ……鑑賞的価値の高い腕時計

気が付くと眺めている。そして、どんどん引き込まれて行く。作り手の美意識が宿るデザインや仕掛けが、たまらなく愛おしい。そんな鑑賞的価値の高い腕時計たちをご紹介。

HERMÈS
エルメス/カレ アッシュ
随所に趣向が凝らされた角形時計の新提案



SSケース、縦38×横38mm、自動巻き。77万5000円/エルメスジャポン 03-3569-3300
四隅のアールにモダンを感じさせる正方形のケース。iwc時計中古実は、2010年に登場した同モデルのリバイバルだ。随所に目を凝らせば、縦横に直交させたギョーシェ彫りや、その外周を飾る真円状のあしらいが正方形のケースとリズミカルに調和。

受ける光に応じて表情を変える点には、建築家にしてデザイナーであるマルク・ベルティエの卓越したセンスが垣間見える。また、どこか計器を思わせる2桁表示のインデックスには、男らしさも滲む。どこを取っても、うっとりする要素しかない。

PARMIGIANI FLEURIER
パルミジャーニ・フルリエ/カルパ エブドマデール
人間工学に配慮した着け心地の良さに感動



K18ローズゴールドケース、縦42.3×横32.1mm、手巻き。340万円/パルミジャーニ・フルリエ 03-5413-5745
ミシェル・パルミジャーニ氏がデータを収集し、人間の手首に装着した際に最適なバランスで重みがかかるよう設計。結果、生まれたのがユニークなトノウ型のケース「カルパ」だ。

コレクションを一新した今年登場の8日巻きモデルには、ダイヤルに精緻なギョーシェが施される。装着感の快適さに加え、その美観ゆえ飽きることなく着けられる。

CHANEL
シャネル/ボーイフレンド スケルトン
シャネルの美世界を飾る額縁のようなスケルトン



今夏発売予定。K18ベージュゴールドケース、縦37×横28.6mm、手巻き。476万2500円/シャネル 0120-525-519
今年のバーゼルワールドで、多くの賞賛を集めたスケルトンウォッチ。ビスが見えないよう仕上げた正面の顔をはじめ、どの角度から見ても美しく見えるデザインに。円と直線で構成され、無駄がなく美しい設計の自社製キャリバーは、開発に3年かけたという。

その周りを、シャネル独自のベージュゴールド製八角形ケースが額縁のように飾る。絵画を愛でるかのように、その造形美を堪能したい。レディスが出自だが、男性にもぜひ推薦したい。


【関連記事】:モンクレールはフランスで生まれたプレミアム・ダウンの老舗ブランド。

化学の力で時計はどんどん凄くなる。その証拠となる5本をピック!

機械式時計というと、ゼンマイと歯車からなる古色蒼然とした技術に思われがちだが、かつては数学、物理、天文学などと並ぶ最先端の英知だった。そして今、最新鋭のカガクとツナガルことで新たな可能性の扉を開く。



上●RADO ラドー
ダイヤマスター グランド セコンド
メタリックな輝きにパイオニアの自負が漂う
日進月歩の進化を遂げる時計技術でも特に目覚ましいのが、素材開発の分野だ。その中でも広く普及し、今も進化を続けているのがハイテクセラミックスであり、この分野のパイオニアがラドー。

プラズマ ハイテクセラミックスは、プラズマ炉で加熱した2万℃の活性化ガスにより、ホワイトセラミックスにメタリックな輝きをもたらす。通常のハイテクセラミックスに比べると、25%の軽量化と高い耐傷性、スチールの最大5倍の硬さに、低アレルギー性も併せ持つ。プラズマ ハイテクセラミックスケース、43mm径、自動巻き。29万円/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7330

中●CVSTOS クストス
チャレンジ ジェットライナーⅡ P-S オートマティック
独創技術がもたらす磁力を味方にした軽やかさ
金属部品で構成される、機械式ムーブメントの精度を妨げる大きな原因のひとつが“磁力”だ。ところがこのモデルは、あえてその天敵を味方に取り入れた。スモールセコンドを担う、大型タービンの駆動構造に、一般的な抑えバネに代わって、磁力を応用したのだ。

バネの磨耗による秒針の針飛びを制御すべく、磁力を用いることでパーツに掛かる負担を軽減。クストスらしい、独創的な発想が冴えわたる。チタンケース、縦53.7×横41mm、自動巻き。118万円/フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949

下●ZENITH ゼニス
デファイ エル・プリメロ21
エル・プリメロの進化を融合した驚異の1/100秒計時
ゼニスのコアコンピタンスが、ハイビートクロノグラフムーブメントの「エル・プリメロ」であることは周知のとおり。これが2019年に50周年を迎え、第3世代へとシフト。時刻表示とクロノグラフのそれぞれに独立した香箱と伝達、脱進機を備え、前者は従来の3万6000振動に対し、後者はその10倍の36万振動を備える。これにより、クロノグラフは1/100秒まで計時を実現し、センター針は1秒間で1周する。技術を継承しつつ、さらに進化を遂げる。伝統をつなげるブランドの意思が伝わる。チタンケース、44mm径、自動巻き。128万円/ゼニス


【関連記事】:すべての最高級のデザインは私たちの生活と切り離せない

オメガからジェームズ・ボンド愛用のグローブトロッター製スペシャルスーツケースに入った限定セットを発売

今年9月に発表した「シーマスター ダイバー300M ジェームズ・ボンド リミテッド エディション」は、007ファンやウォッチコレクターの間で瞬く間に大ヒットした。スーパーコピー時計今回、シーマスター ダイバー300Mジェームズ・ボンド限定の時計2本が、ブラックとグレーのNATOストラップからインスパイアされたデザインのグローブトロッター社™の特別仕様のスーツケースに収められ、世界限定わずか257セットが発売される。


「シーマスター ダイバー300M ジェームズ・ボンド リミテッド エディション セット」世界限定 257セット 452万円(税別)。
1995年の映画『007 ゴールデンアイ』以降、全てのボンドウォッチはオメガ



1本目の時計は、ブラックのラバーストラップが付いたステンレススティール製だ。オメガ スーパーコピーケースサイドに限定番号が刻印された18Kイエローゴールドプレートが付いており、ブラックセラミックのベゼルにはホワイトエナメルのダイビングスケールが施されている。もう1本は18Kイエローゴールド製で、ケースとバックルの18Kイエローゴールドとブラックのラバーストラップの組み合わせが、特別な存在感を放つ。ケースの側面に施された限定番号のプレートには18Kホワイトゴールドを使用し、ブラックセラミックのベゼルには、オメガのセラゴールド™技術を用いてダイビングスケールが施されている。

■オメガ「シーマスター ダイバー 300M ジェームズ・ボンド リミテッド エディション」
自動巻き。35石。25,200振動/時。SSケース(直径42mm)。パワーリザーブ約55 時間。300m防水。スイス連邦計量・認定局(METAS)によるマスター クロノメーター取得。15,000ガウスの超耐磁性能。5年間の国際保証。

【関連記事】:千葉県のファッション情報

【2021新作時計】ルイヴィトン時計「フリーク X」

2021年3月、ユリス・ナルダンは自然写真家のカーステン・ペーターとパートナーシップを結び、氷と炎をイメージした新作「フリーク X アイス」「ルイヴィトン時計レディース」を発表した。「フリーク X マグマ」はブティック限定での販売となる。



燃え盛る炎と凍てつく氷という、対極の関係にある自然の脅威をイメージした新しい「フリーク X」


炎と氷、対極の自然
「フリーク X マグマ」は、雄大な火山をイメージしたレッドとブラックのカラーリングが印象的なモデルだ。溶岩流のようなマーブル模様が目を引くケースは、超軽量のカーボンファイバーとレッドマーブルのエポキシ樹脂を組み合わせたもの。軽いだけでなく傷も付きにくい。ベゼルにはサンドブラスト仕上げとポリッシュ仕上げを施し、光沢ある文字盤とのコンビネーションで火山環境を表現している。レッドのカラーリングが施されたインデックスとブリッジにはスーパールミノバが塗布されているため、暗闇の中でも時刻を読み取ることができる。


「フリーク X マグマ」
自動巻き(Cal.UN-230)。2万1600振動/時。パワーリザーブ約72時間。Ti(直径43mm)。50m防水。ブティック限定。
 またユリス・ナルダンは「フリーク X マグマ」において火山の持つ生命力を表現するため、自然写真家のカーステン・ペーターとパートナーシップを結び、ブランドの新しい“ユリシーズ”に迎えた。世界報道写真賞の受賞者でもあるカーステン・ペーターは、ナショナル ジオグラフィックで特集写真を担当した経験を持つ、自然環境の撮影を専門とする写真家だ。冒険家でもある彼は溶岩湖や砂漠、巨大な洞窟など、容易に立ち入ることができない過酷な環境下での撮影を得意としている。今年、ユリス・ナルダンが掲げている「Xtreams(極限の)」「eXplores(探求で)」にふさわしい人物だ。



「フリーク X アイス」は火山を表現した「フリーク X マグマ」とは対照的に、極地の氷原をイメージしたモデルだ。滑らかなチタン製のケースは、その名にふさわしい冷たい輝きを放つ。ホワイトマットコーティングを施したベゼルやネイビーブルーのインデックスは、極寒の海を彷彿とさせる。こちらのモデルもインデックスとブリッジにスーパールミノバを塗布している。

 ふたつの新作モデルは、どちらも自動巻きムーブメント「UN-230」を搭載。フライングカルーセル バケットムーブメントが1時間に1回転しており、中央のブリッジが分針の役割を果たしている。このブリッジと、時針の代わりとなるホイールで時刻を表示しているのだ。2モデルとも、ケースバックからはムーブメントを鑑賞することができる。


【関連記事】:悠久歴史腕時計ブランド

オメガ 2021新作「デ・ヴィル プレステージ」に新ダイアルが追加

「デ・ヴィル プレステージ」は1994年の発売以来、タイムレスな美しさを象徴するタイムピースとして親しまれている。シンプルなデザインが特徴のこのコレクションは、控えめな装飾を好む人々に人気が高いコレクションだ。新しいダイアルデザインが追加されたことにより、選択の幅がさらに広がり喜ばれることだろう。



39.50mmのケースは、ステンレススティール製、ステンレススティール&18Kイエローゴールド製、そしてステンレススティール&18Kレッドゴールド製の3つから選べる。裏蓋には、デ・ヴィル プレステージを象徴する時の神“クロノス”のメダリオンを刻印。オメガ コーアクシャル キャリバー2500を搭載し、保証期間は5年である。
オメガ「デ・ヴィル プレステージ」
自動巻き(cal.2500)。27石。2万5200振動/時。COSC認定クロノメーター。約48時間パワーリザーブ。SSケース(直径39.5mm)30m防水。



新作は時分針がドーフィン型からリーフ型に変更され、デイト位置も3時から6時に変更されている。外周に描かれたレイルウェイトラックで秒の単位が見やすくなった。特にSSの価格はこなれているため初めてのドレスウォッチには最適な一本と言えるだろう。シルバー、又はブラックの2色が揃うダイアルの表面には、ユニークなダイヤモンドパターンが施され、シルバーダイアルにはゴールド仕上げ、もしくはグレーのインデックスが、ブラック ダイアルにはロジウム仕上げのインデックスがセットされ、その視認性を高めている。



自動巻き(cal.2500)。27石。2万5200振動/時。COSC認定クロノメーター。約48時間パワーリザーブ。SS×18KRG(直径39.5mm)30m防水。79万円(税別)。

ジンの新しい「105」シリーズから、3針モデル「105.ST.SA」と「105.ST.SA.W」が登場

ジンの新シリーズ「105」から、マット仕上げのステンレススティールケースにブラックダイアルを合わせた「105.ST.SA」と、同じくマット仕上げのケースにホワイトダイアルを合わせた「105.ST.SA.W」の2モデルが登場する。



(左)ジン「105.ST.SA」
(右)ジン「105.ST.SA.W」
自動巻き(Cal.SW220-1)。26石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。SS(直径41mm、厚さ11.9mm)。28万円(税別)。


ケースとダイアルをマットに仕上げた「105」シリーズ
 2020年12月に登場したジンのスポーティーウォッチ「105.ST.SA」と「105.ST.SA.W」は、ムーブメントに同社の定番パイロットウォッチシリーズである「104」と同じキャリバーSW220-1を搭載し、20気圧の防水性能や負圧耐性など、104シリーズと遜色ないスペックを備えている。しかし全体のデザインは大きく異なっているのが特徴的だ。ステンレススティール製のケースにはサンドマット仕上げが施され、ブラックとホワイトのふたつのダイアルもそれぞれマットな質感に仕上げられている。



ベゼル、ケース、ダイアルと、マットな質感にそろえられている「105」シリーズ。写真のラバーストラップモデルは日本では展開されていないが、ステンレススティール製ブレスレットの他に、カウレザーストラップのモデルもラインナップされている。ストラップ仕様の価格は25万円(税別)。
 104シリーズでは角型のインデックスを採用していたが、今作では丸みを帯びたシェイプのインデックスを採用している。これに合わせて、時分針と秒針の先端も104の直線的なデザインから、角の取れた丸いデザインへと変更されている。秒針はオレンジにカラーリングされ、モノトーンのダイアルにアクセントを添えている。なおインデックスと時分針、秒針の先端には夜光塗料が塗布されており、夜間や暗所での視認性を確保している。

 また、テギメント加工をベースとするブラック・ハード・コーティングを施したベゼルは、60分目盛りを用いての計測だけでなく、12時間目盛りを使うことで第2時間帯の表示としても使用可能だ。12時位置に配された三角形のマークには夜光塗料が塗布されている。このシンプルな3針モデルに続き、UTC針を搭載したモデルも2021年1月に発売予定となっている。


【関連記事】:最も適切の腕時計

ボーム&メルシエ【2021 新作】トレンドカラーを取り入れた「クラシマ」コレクション

ボーム&メルシエのシンプルなクラシックモデル「クラシマ」コレクションに複数の新作が追加された。グリーンやグレーなどのトレンドカラーをペアウォッチに取り入れ、モデルによって自動巻きとクォーツのものがある。



今年注目のカラーリング
 ボーム&メルシエは2021年、クラシックなラウンドケースが特徴の「クラシマ」コレクションに複数の新作を追加した。時計スーパーコピーさまざまなシーンにマッチするシンプルでバランスの取れたデザインは、男女ともに人気が絶えない人気モデルだ。2021年はこのコレクションにトレンドの要素を取り入れ、個性的なカラーをまとったクラシマは、ドレスシーンでもカジュアルシーンでも美しく腕元を飾る。

スタイリッシュなグレー
 グレーは2021年のトレンドカラーとしてファッション誌で注目されており、サンレイ仕上げのグレーダイアルは上品な印象を感じさせる。放射状に光を反射し、見る角度によって異なる表情を見せる。ダイアル上にはシンプルなインデックスとローマンインデックスがあしらわれ、3針の細いリーフ針が繊細に時を刻む。



(左)ボーム&メルシエ「クラシマ」
自動巻き(Cal.SW200)。26石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。SS(直径42mm)。50m防水。21万4500円(税込み)。
(右)ボーム&メルシエ「クラシマ」
自動巻き(Cal.ETA2892-A2)。21石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約42時間。SS(直径31mm)。50m防水。29万1500円(税込み)。
 このペアウォッチは双方ともにスイス製の自動巻きキャリバーを搭載しており、トランスパレントのケースバックからは機械式ムーブメントならではの動きを鑑賞することができる。

自然を映し出すグリーン
 グリーンは時計の世界でも近年注目を集めているカラーだ。本作のダイアルに採用したのは、メンズモデルは深みのあるダークグリーン、レディースモデルは明るく鮮やかなグリーンである。自然界が創り出したこの色は、人々の目に柔らかな印象を持たせる。



(左)ボーム&メルシエ「クラシマ」
クォーツ。SS(直径42mm)。50m防水。12万6500円(税込み)。
(右)ボーム&メルシエ「クラシマ」
クォーツ。SS(直径31mm)。50m防水。15万4000円(税込み)。
 サンレイ仕上げのダイアルに重なるのは時分針のみで、3時位置にデイト表示を加えたシンプルな仕様だ。共通してムーブメントはクォーツを採用し、正確な時を刻む。

原点回帰のピンクゴールド
 トレンドとは対照的に、クラシックな組み合わせを採用したのが本作。18Kピンクゴールドとホワイトダイアルのコンビネーションはヴィンテージの時代から継承され、双方のバランスは絶妙である。パネライ 時計 人気レディースモデルのダイアルにはホワイトカラーのマザー・オブ・パールが用いられており、天然素材ならではの質感を楽しむことができる。


(左)ボーム&メルシエ「クラシマ」
自動巻き(Cal.ETA2892-A2)。21石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約42時間。18KPG(直径39mm)。50m防水。52万8000円(税込み)。
(右)ボーム&メルシエ「クラシマ」
自動巻き(Cal.ETA2892-A2)。21石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約42時間。18KPG(直径31mm)。50m防水。47万3000円(税込み)。
 ゴールドケースを好む愛好家に向けられた本作には、スイス製の自動巻きキャリバーが与えられた。落ち着いた雰囲気を持ち、腕元をエレガントに演出するだろう。

ロレックスの定番①コスモグラフ デイトナ

最初にご紹介するのは、メンズロレックスの中でも金字塔であり、「クロノグラフの王様」とまで称されるデイトナ。ロレックスの中でも、特にこのデイトナに憧れている、という方も多いのではないでしょうか。

正式名称オイスターパーペチュアル コスモグラフ デイトナは、1963年、モーターレース「デイトナ・インターナショナルスピードウェイ」にちなんで生み出されました。ロレックス腕時計 価格現行ではロレックス唯一のクロノグラフモデルです。

クロノグラフらしいタキメーターベゼル(クロノグラフを使って時速を測るベゼル)を持つこと、スポーツロレックスの中では珍しく素材や文字盤デザインなどに多くのバリエーションを持つこともデイトナの大きな特徴となります。

ロレックス コスモグラフ デイトナ 116500LN

前述の通り、デイトナはゴールドやステンレススティールとゴールドとのコンビ、プラチナ製。あるいはシャンパンカラー文字盤やメテオライト文字盤など、様々なバリエーションがデイトナにはあります。また、50年以上におよぶロングセラーの歴史の中で、あらゆるモデルチェンジが行われてきました。

しかしながら現在の一番人気と言えば、現行の116500LNです。2016年のバーゼルワールドで発表された最新作となります。



昔ながらのメタルベゼルはヴィンテージ感に溢れてカッコイイ反面、傷と無縁ではいられませんでした。実際、ベゼルは時計の中で最も傷つきやすい場所です。後述しますが、ロレックスは資産価値が高く、次に別の時計を買う時の元手にしたりと、リセールもまた購入時に注目されるという、とても貴重な時計ブランドなのですが、ベゼルの大きな打痕やヘコミはそのリセールを大きく損ねる可能性があります。

しかしながら2016年に発売されたこちらのデイトナ、セラクロム(ロレックス独自のセラミック)をあしらうことで耐傷性はおろか耐蝕性や強力な耐紫外線を獲得するとともに、従来のスポーツロレックスのどのモデルとも異なる精悍さを手に入れることとなりました。



なお、、初めてロレックスをご購入される方に気をつけてほしいのが、デイトナの実勢価格です。

定価は1,387,100円ですが、現在デイトナが人気すぎて需要が供給に全く追い付かず、常時品薄。正規店にて定価で手に入れることはほとんど困難と言えるでしょう。そのため相場がどんどん上がっており、並行輸入店での新品価格は白文字盤で360万円程度~、黒文字盤で400万円程度~。中古でも状態が良ければ250万円以上はする、といった具合です。

とは言え前述の通り、ロレックスはイニシャルコストが高い分、リセールバリューもまた高くなります。現在は異常とも思える相場を描いていますが、もともとデイトナは伝統的に定価超えの相場を記録することが珍しくありませんでした。そのため「買った時より高く売れる」というのはレアケースですが、デイトナであれば次にもし別の時計を買ったり、あるいは現金が必要となったりした時、大きな元手を得ることが可能です(状態や付属品の有無にもよりますが)。

また、ロレックス相場は一頃に比べればだいぶ落ち着いてきました。ほんの半年前ほどは、デイトナの相場は300万円ほどだったのですから。ただ、2021年に新作が発表されるタイミングでまた上昇することも見込まれていますので、今大きな買い時を迎えている、と言えるのではないでしょうか。

“道具” 以上の期待を込めて。心を満たすヴァシュロンの腕時計と出会う

遊び心の数々。そのすべてかもしれない。

そして忘れてはならないのが、専門店での出会いである。洗練されたブティックで吟味することは、心躍るひとときとなるだろう。


ショップに足を運んで得られる快感もまた良し

腕時計 ブティック限定。K18PGケース、40mm径、自動巻き。356万円/ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755、ジャケット17万8000円/ベルヴェスト(八木通商 03-6809-2183)、シャツ2万5000円/エリコ フォルミコラ(エストネーション 0120-503-971)
VACHERON CONSTANTIN
ヴァシュロン・コンスタンタン/フィフティーシックス・コンプリートカレンダー
いざ、買う瞬間の胸の高鳴りもまた心地いい。狙ったモデルがフィットしてもうれしいし、狙いと違った掘り出しモノを見つけるのも楽しい。店頭で選ぶのは、それだけ新たな体験ができるので、おすすめだ。

例えば、人気の「フィフティーシックス」コレクションに登場した、セピアブラウン・トーンダイヤル&ピンクゴールドケースのブティック限定品。こんなココロときめく良品に出会ってしまう可能性だってある。だから、時計選びはやめられないのだ。


“いい大人”を刺激する、キーワードはゴールドとスケルトン

真っ先に目がいくのは、グラフィカルなスケルトンダイヤルに加えて、艶やかさが際立つブラック&ゴールドのビジュアルだ。



「デルフィン メカノ オートマティック 」SSケース(ピンクゴールドPVD)、43mm径、自動巻き。26万4000円/エドックス(GMインターナショナル 03-5828-9080)
マッシブながらも、どことなくエレガンスを感じさせるデザイン。

「腕時計は男の数少ない装飾品」。

世のウェルドレッサーたちが軒並み口を揃えるこの言葉には、お洒落を追求してきた人たちの真髄が詰まっていると思う。



「デルフィン メカノ オートマティック 」SSケース(ピンクゴールドPVD)、43mm径、自動巻き。26万4000円/エドックス(GMインターナショナル 03-5828-9080)
特にこれから訪れる夏の軽装は、ともすると無味乾燥なスタイルにもなりかねない。

そんなときに、腕時計は格好のスパイスになる。年を重ねれば装飾品の点数を増やすことに抵抗感も生まれてくるだけに、一本でその役割を果たしてくれる腕時計の存在はありがたい。

【関連記事】​​​​​​​: 2021ファッション人気腕時計情報

オリンピックのサッカー選手が好きな腕時計おすすめ

オリエントは、1950年に設立された日本の腕時計メーカー。現在はエプソンの腕時計のブランドとして傘下に収まっています。創業以来、長年にわたって機械式腕時計を作り続けており、信頼性の高いモデルを多くラインナップしているのが特徴。オリス時計の評判また、手にしやすい価格帯で、コストパフォーマンスに優れるのも魅力です。

オリエント(ORIENT) RN-AS0001B

9時位置にムーブメントの動きが楽しめるセミスケルトンが搭載された30代向けの腕時計。6時位置に昼夜表示機構が搭載されているユニークなモデルです。また、シースルーバックからもムーブメントの動きが観賞できます。

ブラックのダイヤルにシルバーのインデックスとニードルを合わせており、3と12がローマ数字になっているのが特徴。風防の素材には球面サファイアガラスが採用されており、高い視認性も備わっています。

ムーブメントには駆動時間が40時間以上の「F6L24」キャリバーを搭載。ケースの材質にはステンレススティールが用いられています。価格が安く、気軽に買い求められるアイテムです。

オリエント(ORIENT) KING MASTER WV0021AA

3時方向に日付窓が搭載された30代向けの腕時計。9時方向には曜日表示窓が備わっています。スーパーコピー時計また、12時方向にブランドロゴがあしらわれているなど、細部にまでこだわりが見られるのも特徴です。

ゴールドのアワーマーカーとニードルが採用されているほか、球面クリスタルガラスが採用されており、高い視認性が備わっているのもポイント。40時間以上の駆動時間を備える「F6922」キャリバーが採用されており、スタミナも良好です。

オリンピックの模様の水泳選手の好きな腕時計おすすめ


IWC、ビッグパイロットウォッチ。

お値段の方は、1,600,500円。

IWCの中では、新しいモデルではなくむしろロングセラーモデルになりますが、このビッグパイロットウォッチは定期的に欲しい病が出てくるモデルでございます。

パイロットウォッチと言えばコレというアイコン的なデザインは、時代を超えて多くの時計ファンを魅了するわけでございます。

ケースサイズは46.2mmと、かなり巨大ですが、航空時計なのでね、その辺りのことは割り切って、日常でもガンガン使っていきたいところです。

2020年、個人的に今欲しい腕時計ということで、発作的に選ばせてもらいました。



ジャガー・ルクルト・マスターコントロール・クロノグラフ・カレンダー。

お値段の方は、1,716,000円。

モデル名が長いですね。

ジャガー・ルクルトが、マスターシリーズでクロノグラフを作るとこんな感じになる、ロレックス腕時計 レディースという想像通りの抜群にかっこいいクロノグラフですね。

クラシカルなデザインは、ちょっと大人な雰囲気漂う、フォーマルな服装なんかにはぴったりでしょう。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

いかがでしたでしょうか。

2020年上半期、個人的に今、欲しい腕時計について、独断と偏見で選ばせていただきました。

完全に個人的な妄想ではございますが、オメガ―のキャリバー321はいつになったら発売されるのでしょうかね。

とりあえずは今月に発売される予定とのことですが、実物を見れる気がしない・・・。

新型コロナウィルスの影響で、ブランドによっては新作の発表を控えているところもあるようですが、今後の発表を期待するとしましょう。

気になる中古価格をチェック!

次に新品と中古で価格を比較してみましょう!ここではブラックベイ クロノを例に取り上げました。

チューダー ブラックベイ クロノ Ref.79360N
メーカー希望小売価格:564,300円(税込)
当店新品価格:828,000円(税込)
当店中古価格:780,000円(税込)

入手困難なモデルということでプレミア価格で流通しているようです。

ご購入後のアフターフォローも責任をもって対応させていただきますのでご安心ください。

とはいえ、店頭で実際に手に取って見ることができるならともかく、オンラインショッピングで中古品を購入するのはやっぱり少し不安ですよね。

安心パックの梱包キットの一例

ジャックロードでは当店の中古、アンティーク腕時計※を通信販売でご購入いただいたお客さまに限り、ご希望があれば“安心パック”をお付けしております。商品をお受け取り後2日以内であれば、そのまま当店宛に返品できる梱包キットのことです。返品の理由がお客さまのご都合によるものでも、返送料や返金手数料は当店負担。お客さまから費用はいただきません。そのため、より安心してご購入いただくことができるのです。

※新品・訳有り商品・ジュエリー・バッグは対象外です。また、開封後、商品をご使用された場合は返品をお受けできませんのでご了承ください。

【関連記事】:ロレックスの話題?最新情報

オリンピックのテニス選手が好きな腕時計


空の「パイロット・ウォッチ」に海の「ポルトギーゼ」。『IWC』の全コレクションの中でも人気を二分する両モデルから、今回は特にスーツスタイルにも相性の良い後者にスポットを当てる。新世界発見に挑んだ船乗りたちが使用していた、精密な航海用計器をデザインソースとする「ポルトギーゼ」。その中でも、縦目のツーカウンタークロノグラフは人気が高いモデルだ。その理由は、インダイヤルの積算計、アラビア数字、リーフ型の赴きある時分針が文字盤上に完璧な調和を保って配置されている美しさにある。カルティエ 時計 修理加えて今作は、「ポルトギーゼ」の中でもスポーツテイストが特に強い「ポルトギーゼ ヨットクラブ」。夜行性の針とインデックスを有しており、さりげなくアクティブな空気を醸成してくれる。


グランメゾン『カルティエ』が時計事業への進出を図ったのは19世紀末。3代目のルイ・カルティエ氏が経営参画したことに端を発している。1900年代に入り、後の『ジャガー・ルクルト』代表であるエドモンド・ジャガー氏と出会い、1904年に飛行家アルベルト・サントス=デュモン氏の依頼で世界初の男性用腕時計サントスを開発するに至る。こちらのモデルは、そんなブランドオリジンともなる「サントス」の100周年を記念して作成されたモノ。マニッシュな角型ケースの背景には、長いブランドの歴史が垣間見える。



『』といえば1969年に登場した草創期の自動巻きクロノグラフ・ムーブメント、エル・プリメロがあまりにも有名。一時期生産停止の危機もささやかれたが、いまだに3万6000振動という世界最速クラスの超ハイビートを維持しており、その精度には目を見張るものがある。ロレックス 偽物同ムーブメントを存分に楽しむための意匠として、「クロノマスター」シリーズにはオープンハートが主に採用されている。しかし、こちらはオープンハートならぬ“フルオープン”。表からも裏からも緻密な職人技術を楽しめるスケルトン仕様は、昨今のトレンドにも叶っている。

父の日オリンピックのサッカー選手が父親に時計を贈る

もっとエンジニアリング的な側面に移ろう。この時計には、オメガのツイントリガー デプロイヤント クラスプが付属する。私はこれはかなり使いやすく感じた。何も考えることなく時計の着脱ができるだろう。ストラップは、クラスプの下をスライドするだけで好みのサイズに、箱から出してすぐに調整ができる。バックルを留めたときに偶然開いたりすることがないと分かるよう、カチッと確かなクリックがある。ツイントリガーのつまみの部分の鏡面仕上げを除き、全てサテン仕上げが施されている。


 ストラップは、柔らかな質感のラバー製だ。このラバーストラップは、思い出せる限り最も着け心地の良いものとまでは言わないが、非常に快適だった。白い編込みのステッチ模様が入っている。サイズが適切であれば、手首にぴったりとフィットするしなやかさだ。先述の通り確かに少し重くは感じるものの、デプロイヤントクラスプや柔らかいストラップとサイズ変更の容易さが相まって、手首の中心をうまく捉えることができる。


 サイズに関しては、―特にサイズが適切にあっている場合は―手首の上で重さが消えたかのような感覚だ。文字盤の直径にも関わらずラグ幅が短いためにこのような予想外のフィット感を得られたのではないかと考える。ウブロ時計 メンズこの時計は、普段42mmサイズが限界と感じる私の手首にぴたりとフィットした。厚さも問題はなかった。確かに厚みのあるケースではあるものの、ケースの面取り、ベベル、仕上げによってそれほど厚さを感じさせなかったのだ。ヘリウムエスケープバルブも厚さを隠すのに役立っている。


 この種の時計、つまりダイビングや水に接するような時計では、あまり白文字盤というのは見かけないため、それがどれほど楽しいものなのか全く予想していなかった。そして、楽しさと意外性はそこにとどまらなかった。オメガがマルチカラーの夜光を時計によく使うは知っていたが、この時計では見た目の美しさを維持しつつ、形よりも機能を重視したデザインになっているのが本当に印象的だった。前述したように、ベゼル上の夜光ポイントは、グリーンのスーパールミノバで処理されている。分針もそうだ。これらはヨット競技のタイミング的観点から見ると、2つの最も重要な側面である。一方向回転ベゼルは、その設定された開始点からベゼルに沿って時間を追跡する分針の経過をユーザーに知らせてくれる。オメガは、時針と秒針を含むマーカーの残りの部分をブルーで処理し、光の少ない環境下で緑のマーカーを容易に識別できるようにしたのだ。これもまた難解なディテールではあるが、詳しい人にとっては、よく考え抜かれた、そしてよく実装された機能だといえる。


 全体的にこの時計は戦車のように作られている。装着してしばらく使ってみて、一貫して思ったことは、この時計は非常に頑丈で長持ちするように作られているということだ。また、この時計には多くの機能が搭載されているが、驚くべきことに、その全てが首尾一貫して機能しているのである。オメガは、ヨットライフのためのワイルドでカラフルなデザインを提供し、それらはある種の擬似的な気まぐれでありながら、目的のために作られており、とても使い勝手が良い。

 この時計が本当に輝くのは屋外である。白はより鮮やかに、青はより青く、赤はより豊かに映える。このデザインは、オメガの通常LINEにも採用して欲しいと思えるものだ。なぜなら、このカラースキームは既に成功を収めているからだ(そこのGMTペプシファンにぜひ聞いてみてほしい)。まあ、私は来年エミレーツ チーム・ニュージーランドに同行しないかもしれないが、この時計はそうなるわけだ。 私が観察した限りでは、本機は航海のための忠実な相棒となると思う。

【関連記事】​​​​​​​: 2021ファッション人気腕時計情報

オリンピックのサッカー選手が好きな腕時計


高い人気を誇るスポーツブランド、 adidas が手がけるこちらの腕時計は、白の文字盤に映えるカラフルな数字が印象的です。スポーティーなデザインの中に上品さが備わっており、おしゃれで可愛いアクセサリーのような雰囲気も漂わせます。

さらに、防水仕様なので、毎日のように気軽に身につけられるのも嬉しいポイントです。大人用としても使えるため、親子でお揃いにする楽しさも味わえます。

加えて、長く使いやすいタイプでもあり、思い出に残るプレゼントとして大切にしてもらえます。誕生日祝いや入学祝いなど、お祝い用のギフトに適した華やかさがあります。


腕時計は毎日のように身につけるアイテムですが、水がかかるのを避けるなど、気をつけなければならない状況があります。その点、防水腕時計であれば安心して使いやすく、プレゼントすると喜ばれます。

さらに、防水タイプの腕時計はスポーツシーンやアウトドアシーンでも重宝します。アクティブな方へのギフトにも最適で、オンオフ問わず愛用してもらうことができます。

また、頑丈なタイプが多いのも特長で、長く使い続けられるところが人気の理由です。愛着が湧くだけでなく特別感も高まるため、大切な方への贈り物にふさわしい魅力を備えています。


【関連ブランド】:カルティエ 時計

「両面フライングトゥールビヨン」+「3Dムーンフェイズ」


クリスタルケース越しに覗く個性に満ちたオリジナル機構
ボヴェのディミエコレクションに昨年加わった「リサイタル26」。傾斜つきの筆記台に想を得て、同社のオーナーであるパスカル・ラフィ氏自らデザインした“ライティングスロープ”型のケースを取り入れている。さらに今回はケース素材に、ダイヤの次に硬質でチタンよりも軽いサファイアクリスタルを採用。加工やポリッシュが難しいとされるこの素材をアシンメトリックなクリアケースに作り上げ、グレード5チタンのラグとケースバックで補完した。また、全体の透明性を保つため、従来のようにミドルケースではなく、ケースバック側にムーブメントを組み込んだのも特徴的である。

この独創的なケース同様、内部システムもたいへんユニークだ。パネライ時計 ルミノールまず、クリアなケースを通し、6時位置に見えるのが「両面フライングトゥールビヨン」。2015年に開発された特許取得済みの機構で、表と裏の両面からキャリッジの動きが見渡せるようダブルフェイスに仕立てられている。3次元パノラミックな眺望をコンセプトとする本作に、まさにぴったりの複雑機構といえよう。

そして、ブルーの時分表示ダイヤルの12時位置に配した3Dムーンフェイズも印象的だ。一般のクラシカルタイプとは一線を画すこのムーンフェイズは、ドーム型の回転ディスクに2枚の円形アベンチュリンをはめ込み、8の字型のスケールの下を通過することで北・南半球の月齢を同時に表示。従来の概念を覆しつつ、よりインパクトあるスタイルとなった。

搭載する手巻きCal.17DM04-SMPは、シングルバレルながら10日間のロングパワーリザーブを実現。同時に巻き上げ効率を上げる「ディファレンシャル・スフィリカル・システム」で、ゼンマイを巻き上げるためのリューズ回転数を半減させた。通常10日分の巻き上げを行うのは非常に手間がかかるが、これなら難なく巻き上げることができる。機能・デザインだけでなく使い勝手も抜群の1本だ

【関連記事】:ブランドコピー代引き日本国内発送安全後払い-スーパーコピー

セイコー アストロン ― 絶対精度を追求し、正確な時間を世界の人々へ





 機械式腕時計をはるかに超える高精度な腕時計を作りたい。その信念を実らせたのが、1969年に発表した「クオーツ アストロン」だった。水晶振動子とIC回路によって正確な時間を割り出し、モーターを回して針を動かす機構は、その後の時計業界における標準機構となった。現在では、クォーツ式ムーブメント=高精度、機械式ムーブメント=伝統と審美性という形で、お互いのメリットを生かしながら棲み分けが進んでいる。

 しかし、セイコーは歩みを止めない。交通インフラの整備により、人々が世界中を移動するようになると、地球のどこにいても正確な現地時刻を知りたいという新たな要求が生まれた。この“地球上どこでも”に対応するのが、GPSソーラーという技術である。GPS衛星が発信する電波をキャッチして位置情報を割り出し、時刻情報を解析して現在地の時刻を正確に示すというものだ。しかも、いかなる時も時計を止めないために、ソーラー発電で駆動させるというのも画期的だった。

 この技術を搭載する腕時計は、最先端を進む高精度腕時計の象徴たるアストロンの名を冠し、2012年にデビュー。エルメス時計 メンズ世界を飛び回るグローバルビジネスマンを中心に、人気を集めることになる。

 さらにデビュー10周年を前に、アストロンは新しい変革を行った。これまでのGPS衛星電波ソーラー機構だけでなく、地上にある電波塔からの電波を受信するソーラー電波機能を搭載するモデルもラインナップに加えて、“絶対精度の追求”というコンセプトをより明確化させたのである。創業140周年記念限定モデルでは、GPSソーラーモデルの「SBXC093」とソーラー電波モデル「SBXY001」の2本をラインナップ。どちらもブルーとシルバーホワイトを組み合わせたカラーリングを纏い、高精度モデルでありながら洗練の腕元を作り出す。

ページ移動